手縫いでバッグを作っています。ここ最近、手芸(のようなこと)にはまっており、エプロンや小物などを縫って作っています。

最近は布でバッグを作ろうと思い立ちました。
以前買って放置したままになっていた、デニム地を生かしたショルダーバッグです。

元々このバッグは、今愛用しているショルダーバッグの裏地がなんとも悲しい感じになってきたところから、作ることをはじめました。
軽めで洗えて、清潔感を保てるバッグが私の理想でした。
理想に近いバッグを作ろうとしているのです。

今のショルダーバッグは家族の通院の付き添いに使っており、バッグが出来上がったら付き添い用に使おうと思いました。

バッグを作り始めた頃から、嬉しいことに病気を抱えた家族の調子が上向き始め、通院の付き添い用だけだったバッグの使い道に、旅行用に使おう、友達と出かけるときに使おう、などと明るい使い道が加わるようになりました。

明るい希望と家族の無言の応援(プレッシャーとも言います)に支えられながら、仕事が終わった夜に、手縫いでバッグを作っています。

元々不器用な人間が一針一針縫っていくので、思う以上に時間がかかります。出来上がりがとても楽しみです。

このバッグができたら、さっそく家族の通院やお出かけに使いたいです。

今回もしうまくバッグを作ることができても、これからも手縫いでバッグを作りたいと思います。いろいろ素敵なバッグを作りたいと思っています。

もし、バッグが完成したら、ご報告したいと思います。